株式会社NAK

(株)NAK(資本金6000万円、広島市安佐南区八木7-4-12、登記面=大阪市中央区北浜3-6-13、代表清算人軸丸欣哉弁護士)は、5月20日に大阪地裁より特別清算開始決定を受けた。

当社は、2004年(平成16年)10月設立。工事用安全保護具製造卸の大手業者であった日本安全機材(株)(1970年9月設立、2006年1月特別清算)の経営再建策の一環として、2005年3月に同社からの会社分割により安全保護具製造販売部門を継承して本格的に営業をスタートさせた。保安機材のトップメーカーとしての日本安全機材(株)時代からの営業基盤を背景に、営業開始後初年度決算となる2006年1月期には年売上高約64億7300万円を計上していた。

しかし、その後は公共工事の予算縮小などで土木工事業界をはじめ需要減退が続く中で、売り上げは減少傾向となり、同業他社との競合などで収益面は欠損計上を余儀なくされていた。

また、過去の設備投資等に伴う金融債務も重く、資金面は厳しい状況が続いていたことから2008年4月に別会社へ事業を譲渡し、当社は2008年4月10日の株主総会で解散を決議していた。

負債は約40億円。