アサヒマルホー株式会社(旧・郡山観光地所)など2社

アサヒマルホー(株)(旧商号:郡山観光地所(株)、資本金1000万円、郡山市朝日1-16-8、登記面=東京都中央区東日本橋1-1-3、代表清算人河手ひとみ氏)と、関係会社のティーエフエス(株)(旧商号:(株)二四商事、資本金1000万円、福島市三河南町2、登記面=東京都中央区東日本橋1-1-3、同代表清算人)は、11月1日に東京地裁より特別清算開始決定を受けた。

申請代理人は山川萬次郎弁護士(東京都千代田区麹町3-2、山川・藤原法律事務所、電話03-3239-0631)。

アサヒマルホー(株)は、1972年(昭和47年)11月に駐車場業や不動産業を目的に設立。ピーク時には約7億円の年収入高を計上していた。その後、バブル崩壊などから経営環境は悪化、売上減少に加え不採算となり、不動産投資分の借入金や関連会社に対する未払金などの債務が重荷となっていた。

そうした状況下、2001年頃からは所有不動産の売却などで債務を圧縮して事業を継続していたが、関連会社を含む再編を進めていくなかで、当社は2011年には実質的に事業を停止し、今年6月30日開催の株主総会で解散を決議していた。

ティーエフエス(株)は、1968年(昭和43年)10月にカラオケボックスの営業を目的として設立。福島市内で営業していたが、業況の悪化に伴い98年頃には実質的に事業を停止。その後、グループの再編・整理で今年6月30日開催の株主総会で解散を決議していた。

負債は、2016年6月期末時点でアサヒマルホー(株)が約17億円、ティーエフエス(株)が約18億円、2社合計で約35億円。