株式会社朝日ダイヤゴルフ

(株)朝日ダイヤゴルフ(資本金8000万円、西牟婁郡上富田町岩崎768、代表石田巧氏、従業員75名)は3月30日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。

申請代理人は野中信敬弁護士(東京都千代田区紀尾井町3-20、大島総合法律事務所、電話03-3288-5091)。

当社は1988年(昭和63年)12月の設立。91年11月にオープンした朝日ゴルフクラブ白浜コース、朝日リゾートホテル白浜の運営をおこなっていた。ゴルフ場は当地紀南地区では人気の高いコースとして、ホテルについては上富田町で最大の客室数を誇る施設として一定のニーズを確保し、最盛期の95年3月期の年収入高は約12億円を計上していた。

しかし、その後は競合の激化や消費低迷などから利用客数が伸び悩み、2014年3月期の年収入高は約6億5000万円に落ち込み、採算性も厳しい状況が続いていた。昨夏においては降雨日が多く、ゴルフ客、ホテル客共にキャンセルが多かったことで、資金繰りが急速に悪化、2014年秋頃から従業員に対する給与支払の遅延のほか、一部の仕入業者に対して支払サイトの延期などの要請が発生するなど資金繰りが逼迫し、預託金返還請求も相次ぐなか、今回の措置となった。

負債は約168億円が見込まれる。