株式会社日建(旧・チボリ)

日建(資本金2400万円、伊丹市東有岡1-18-2、代表清算人中井康之氏)は、5月19日に神戸地裁伊丹支部より特別清算開始決定を受けた。

当社は、1957年(昭和32年)10月に日建工業(株)の商号で設立され、73年4月に(株)チボリに商号変更した。当初は不動産の販売管理を行っていたが、70年にゴルフ練習場「宝塚ゴルフセンター」、73年に「宝塚レジャープール チボリ」、79年に温水プールやスイミングスクール、熱帯植物園やレストラン「イグアス」を開設。さらに85年にホテル事業を開始、89年には天然温泉リゾート「カラカラテルメ」をオープンさせるなどリゾート事業に注力。テレビCMなど積極的な宣伝活動を行ったこともあり地元での知名度は高く、96年6月期には年収入高約24億200万円をあげていた。

しかし、各施設の建設資金のため、80億円を超える金融債務を抱えていたほか、バブル崩壊の影響を受け、主力施設である「カラカラテルメ」の収入が減少して収益は悪化。2003年には本社不動産の一部を差押えられた(同年、申立人の取下げにより抹消)ほか、2005年にはレストランやレジャープールを閉鎖。他の施設の不振も続くなか、2009年6月期の年収入高は約8億5200万円までダウン。同期末には「カラカラテルメ」を閉鎖、2011年12月にスイミングスクールを閉鎖し、ゴルフ練習場の運営のみとなっていたが、2014年9月にゴルフ練習場(現屋号・チボリゴルフセンター)を他社へ売却。この間、保有不動産の売却を進めて有利子負債を圧縮して、今年2月12日に(株)チボリから現商号に変更するとともに、本社を兵庫県宝塚市から現所に移転。3月31日の株主総会の決議で解散していた。

負債は金融機関および代表一族からの借入金を主体に約59億円。

なお、ゴルフ練習場は営業を継続中。