株式会社HKコーポレーション(旧・志戸平温泉株式会社)

(株)HKコーポレーション(資本金5000万円、花巻市湯口志戸平26、代表清算人久保田浩基氏)は、1月9日に盛岡地裁より特別清算開始命令を受けた。

当社は、1830年(天保元年)創業、1954年(昭和29年)9月に法人改組した老舗の温泉旅館経営業者で、花巻温泉郷にて温泉ホテルの「湯の杜ホテル志戸平」と「游泉志だて」を経営していた。「湯の杜ホテル志戸平」は客室171室で、宿泊や入浴のほか、大規模な宴会や会合、婚礼や法事などのサービスにも対応し、2003年3月期には年収入高約37億2600万円を計上していた。

しかし、96年6月に増築した「ホテル志戸平」の投資額は45億7000万円、2006年1月にオープンした「游泉志だて」新築の投資額は10億4300万円に及ぶなど、過去の設備投資に伴う多額の金融債務が収益を圧迫していた。近年は収入高も伸び悩み、2018年3月期の年収入高は約25億3700万円に減少し、5期連続の当期純損失計上を余儀なくされ、約18億円の債務超過に陥っていた。

このため、金融機関との協議を重ね、2018年6月6日に新会社を設立して温泉旅館事業を承継する吸収分割を9月1日付で行い、同日付で現商号に変更。新会社へ全従業員を転籍し、11月30日開催の株主総会の決議により解散していた。

負債は約35億6300万円(うち金融債務約35億5000万円)。

なお、「湯の杜ホテル志戸平」と「游泉志だて」は新会社の志戸平温泉(株)が営業を続けている。