小郷産業株式会社

小郷産業(株)(資本金3000万円、倉敷市児島田の口7-1-11、代表小郷武史氏、従業員130人)は、7月18日に岡山地裁へ民事再生法を申請し、同日監督命令を受けた。

申請代理人は野上昌樹弁護士(大阪市北区堂島1-1-5、電話06-6341-0461)ほか2名。監督委員は松井健二弁護士(岡山市蕃山町3-7、電話086-221-0221)。

当社は、1927年(昭和2年)創業、62年(昭和37年)7月に法人改組。学生服・学生衣料・体育衣料の製造販売を手がけ、学生服ブランド「鳩サクラ」、体育衣料ブランド「スポーツレッシュ」として全国の学校や、学校への納入代理店を主力販路に、92年7月期は年売上高約42億2300万円を計上していた。

しかし、その後は少子化の影響や、景気低迷に伴う買い控えなどから販売面で苦戦を強いられ、2004年同期は年売上高約28億4500万円まで減少、従前からの不良在庫の処理を進めたことから、同期および2005年5月期(決算期変更)と2期連続で大幅な欠損計上を余儀なくされていた。このため、社有不動産、役員・親族所有不動産を売却し、設備資金や在庫負担に伴い膨らんだ借入金の圧縮を進めていた。こうしたなか、今年春には中国での生産が計画通りに進まない事態が発生。国内・海外で製品を調達するなどして納期には間に合わせたものの、大幅なコスト高を招き、2006年同期は前期に続き大幅な欠損計上となる見通しとなったことから、今回の措置となった。

負債は金融債務を中心に約38億6250万円。