株式会社大都

(株)大都(資本金3000万円、田方郡函南町上沢956-1、代表徳原徹氏)と大都リッチランド(株)(資本金4000万円、同住所、同代表)は、ともに債権者より静岡地裁に破産を申し立てられ、10月23日に破産手続き開始決定を受けた。

破産管財人は森本耕太郎弁護士(沼津市吉田町25-2、電話055-931-5551)。

大都は、1965年(昭和40年)12月に設立。不動産開発を手がけていた大都リッチランド(1984年5月、任意整理、静岡県田方郡、負債77億円)の所有する不動産の保守管理を手がけていた。しかし、大都リッチランドが不動産ブームの沈静化に伴う売れ行きの鈍化から倒産。連鎖する形で84年7月に負債約25億円を抱え任意整理に入り、所有不動産の売却に努めていた。

その後、大都が管理していた別荘地の「伊豆エメラルドタウン」は、分譲後の管理が行き届かず住民の自主管理組合が組織されていたが、水道施設の所有権を有する大都が管理組合に対し水道施設を勝手に使用してきたとして使用損害金を求めて提訴、組合側も水道施設を封鎖されたとして逆に損害賠償を請求するなど紛争に発展。このたび管理組合が大都および大都リッチランドに支払い能力がないとして破産を申し立てていた。

負債は、大都および大都リッチランドの2社合計で約70億円。