大拓株式会社

大拓(株)(資本金1000万円、寝屋川市香里北之町2-2、代表中村和子氏)は、5月11日に大阪地裁へ自己破産申請し、同月31日に同地裁より破産手続き開始決定を受けていたことが判明した。

破産管財人は山田勝彦弁護士(大阪市中央区平野町2-1-14、電話06-6231-5656)。財産状況報告集会期日は9月25日午後3時。

当社は、1966年(昭和41年)10月創業、69年(昭和44年)9月に法人改組。寝屋川市およびその周辺地区を主要営業エリアに、不動産売買・仲介・賃貸および建築工事を手がけ、ピーク時の91年8月期には年売上高約39億4400万円を計上していた。また、グループ会社でビジネスホテル、シティホテル、カラオケハウスを経営、代表中村氏や前代表の故・中村雅一氏は、「ダイタクヘリオス」など競走馬の馬主としても知られていた。

しかし、競走馬の保有に資金が流出していたうえ、不動産購入やホテル建設などの資金を旧住専や金融機関からの借入金でまかなっていたことから、金融債務がグループ全体で100億円を超え、財務内容は脆弱であった。加えて、バブル崩壊後の地価の大幅な下落で物件が売れ残り、業績は著しく悪化。このため、資産処分などで借入金の削減を図っていたが、以降も不動産市況の低迷で業況は好転せず、2000年11月開催の株主総会で解散を決議していた。

負債は約188億円。

なお、グループ会社で不動産賃貸業の中村総合建設(株)(資本金3000万円、同所、同代表)およびホテル経営の大発(株)(資本金1000万円、同所、同代表)が5月31日に、競走馬生産保有の(有)太陽ファーム(資本金1000万円、同所、同代表)が6月23日に、それぞれ大阪地裁より破産手続き開始決定を受けている。

負債は、中村総合建設(株)が約159億円、大発(株)が約196億円、(有)太陽ファームが約158億円であるが、相互に保証債務などがあるため、グループ全体の実質的な債務は200億円弱になるもよう。