株式会社サンタクロース

(株)サンタクロース(資本金4000万円、揖保郡太子町矢田部457-1、代表富松孝治氏、従業員50人)は、8月31日までに事後処理を岡崎晃弁護士(姫路市栗山町126、電話079-281-8188)に一任、自己破産申請の準備に入った。

当社は、1977年(昭和52年)6月に設立された洋菓子製造、販売業者。当初は路面店「スイス菓子サンタクロース」として製造、小売りを行っていたが、98年4月からシュークリームの実演販売店「サンタの作りたて工房」をスタート。百貨店やショッピングセンターなどへ直営店の多店舗化を進める一方でFC展開も行い、ピーク時の2004年6月期には約60店舗を有し年売上高約22億600万円を計上していた。

しかし、過去の粉飾決算などが発覚し2005年8月に旧・経営陣の大半が解任されて以降、メインバンクの協力を得て再建を進め、直営店・FC店を含めて不採算店舗を閉鎖。集客力の高い百貨店への出店に注力することで、近時の月商は8000万円前後を計上し、採算も確保していた。こうしたなか、FC業者(約50社)に対して保証金や違約金の延べ払いを要請していたが、今年6月末には関東のフランチャイジーが大口販売先であった大手百貨店に対する売掛金を差し押さえたことから、7月以降、同百貨店との取り引きが解消され売り上げが激減、今回の措置となった。

申請時の負債は約30億円の見込み。