株式会社伴久ホテル

(株)伴久ホテル(資本金9000万円、日光市湯西川597、代表伴久盛氏、従業員70名)は、4月25日に宇都宮地裁より破産手続き開始決定を受けた。

破産管財人は安田真道弁護士(宇都宮市西大寛1-5-13、電話028-614-8383)。

当社は、1718年(享保3年)以来伴家により創業されていた旅館業を、1962年(昭和37年)6月に法人改組したもの。平家落人の里として名高い観光地、日光国立公園湯西川温泉郷において、客室数109室、収容人数550名の規模を誇る温泉旅館「伴久ホテル」を経営。「オシャレゆかた」(登録商標)と称する女性向けの浴衣1300種類を取り揃えるなど、特に女性客の人気が高い宿として知られ、また、現代表者は平家直系26代目にあたる人物として、マスコミ等で数多く取り上げられ、2005年2月期には年収入高約14億1400万円を計上していた。

しかし、長引く個人消費の低迷を背景に集客状況は低調に推移し、業績は下降の一途をたどり、2010年2月期の年収入高は約9億8000万円にまで低下し大幅な欠損を計上。設備資金等の借入金が年商の約3倍に膨らみ、大幅な債務超過状態にあった。

近時は、団体客に対する営業を強化するなどして状況の改善に注力していたが、2011年3月の東日本大震災による影響で営業自粛を余儀なくされ、以後の回復も見込めないことから事業継続を断念した。

負債は推定30億円。