合資会社中藤

(資)中藤(名古屋市中区丸の内3-17-6、代表加藤武雄氏ほか1名)と、関連会社の(株)ナカトウ(資本金3500万円、同所、代表加藤武雄氏)、(有)モントレー(資本金5000万円、同所、代表加藤武雄氏)は、10月26日に名古屋地裁より破産手続き開始決定を受けた。

破産管財人は渥美雅康弁護士(名古屋市中区金山1-9-17、電話052-331-9054)。債権届け出期間は11月25日までで、財産状況報告集会期日は2012年2月9日午前10時。

(資)中藤は、1953年(昭和28年)8月に設立。設立当初は名古屋市中心部で旅館業を営んでいたが、一時休業し、92年2月に本社所在地にオフィスビルを建設して事業を再開。以降は不動産収入を得る形となり、95年3月期には年収入高約3億円を計上していた。

しかし、関連会社も含めた借入や償却の負担から資金繰りはひっ迫、2010年6月に事業を停止していた。

(株)ナカトウは、1971年(昭和46年)創業、75年(昭和50年)4月に法人改組。婦人服の小売りを手がけていたが収益面は厳しく、2000年2月に事業を停止していた。

(有)モントレーは、1989年(平成元年)12月に設立。外車販売を手がけていたが、設立当初から販売状況は厳しく、96年に事業を停止していた。

負債は、(資)中藤が約12億7048万円、(株)ナカトウが約8億4860万円、(有)モントレーが約37億5600万円、3社合計で約58億7508万円。