三交海産物株式会社

6月30日に事業を停止していた三交海産物(株)(資本金4000万円、神戸市兵庫区磯之町1-1、代表足立博史氏)は、8月6日に神戸地裁へ自己破産を申請し、7日に破産手続き開始決定を受けた。

破産管財人は安藤猪平次弁護士(神戸市中央区明石町48、電話078-391-4848)。債権届け出期間は9月11日までで、財産状況報告集会期日は10月28日午前11時。

当社は、1927年(昭和2年)創業、50年(昭和25年)11月に法人改組した水産物・水産加工品の輸出入販売業者。神戸市中央卸売市場の隣接地に本店を構え、鰹節原料の取扱量では全国トップクラスを誇るほか、さけ・イカ・かに・えび・たらこなど水産物の輸入、干鮑・干貝柱・干牡蛎ほか冷凍魚類などの水産加工品輸出を手がけ、ピークとなる2007年10月期には年売上高約102億2400万円を計上していた。

しかし、その後は消費不況が続くなか、2008年4月に創業社長が退任、子息である現代表が新たに社長に就任して社内体制の再構築に努めたが奏功せず、2008年10月期の年売上高は約87億1400万円に留まり収益状況も低調であった。さらに、2008年秋以降の世界同時不況により順調だった中国・香港需要にも陰りが見えるなか、2009年1月に退任した元役員と一部業者との間で行われていた取引において数十億円にのぼる不良在庫が発生していることが判明。同時に取引先の破たんによる不良債権が相次いで発生したことなどから信用不安説が流れ、取引先の警戒感が強まった。

また、従来より借入依存度の高い資金操りを余儀なくされていたうえ、販売低迷、仕入価格上昇による利益率の悪化、不良債権の頻発、業界評の悪化、代表交替などマイナス要素が重なったことで一部金融機関が融資姿勢を硬化、6月30日の返済資金確保が困難となったため事業継続を断念した。

負債は債権者約145名に対し約40億1500万円。

三交海産物株式会社

三交海産物(株)(資本金4000万円、神戸市兵庫区磯之町1-1、代表足立博史氏、従業員20名)は、6月30日に事業を停止し、事後処理を中川勘太弁護士(神戸市中央区多聞通2-1-7、電話078-341-3460)に一任、自己破産申請の準備に入った。

当社は、1927年(昭和2年)創業、50年(昭和25年)11月に法人改組した水産物・水産加工品の輸出入販売業者。神戸市中央卸売市場の隣接地に本店を構え、鰹節原料の取扱量では全国トップクラスを誇るほか、さけ・イカ・かに・えび・たらこなど水産物の輸入、干鮑・干貝柱・干牡蛎ほか冷凍魚類などの水産加工品輸出を手がけ、ピークとなる2007年10月期には年売上高約102億2400万円を計上していた。

しかし、その後は消費不況が続くなか、2008年4月に創業社長が退任、子息である現代表が新たに社長に就任して社内体制の再構築に努めたが奏功せず、2008年10月期の年売上高は約87億1400万円に留まり収益状況も低調であった。さらに、2008年秋以降の世界同時不況により順調だった中国・香港需要にも陰りが見えるなか、2009年1月に退任した元役員と一部業者との間で行われていた取引において数十億円にのぼる不良在庫が発生していることが判明。同時に取引先の破たんによる不良債権が相次いで発生したことなどから信用不安説が流れ、取引先の警戒感が強まった。

また、従来より借入依存度の高い資金操りを余儀なくされていたうえ、販売低迷、仕入価格上昇による利益率の悪化、不良債権の頻発、業界評の悪化、代表交替などマイナス要素が重なったことで一部金融機関が融資姿勢を硬化、6月30日の返済資金確保が困難となったため事業継続を断念し、今回の事態となった。

負債は現在集計中だが約40億円の見込み。