株式会社ロビンス

(株)ロビンス(資本金3000万円、鹿児島市山下町9-1、代表清算人池田昇之氏、従業員30名)は、6月25日開催の株主総会で解散を決議し、6月29日に鹿児島地裁へ特別清算を申請した。

申立人は池田わたる弁護士(鹿児島市照国町13-41、電話099-226-0100)ほか3名。

当社は、1967年(昭和42年)6月創業、82年(昭和57年)4月に法人改組した貸金業者。鹿児島、宮崎、熊本など南九州を主体に、福岡、東京、大阪、岡山、沖縄など8ヵ所に拠点を設置して営業を展開していた。主に中小企業向けの商業手形割引、不動産担保ローンなど事業資金の融資を中心に九州地区では第一人者と評されるなど積極的な事業展開と手形割引量を誇り、ピーク時となる2008年3月期には年収入高約17億2800万円を計上していた。

しかし、その後貸金業免許更新の際に役員の一人が貸金業登録の要件を満たさないことが判明。九州財務局に対して貸金業の廃業届を提出し、以降は不動産賃貸業務を主業としながら弁護士を交え関係先との債務整理を協議していた。
新会社の設立による営業譲渡など新たな方向も模索していたが、協議は難航。債権者の同意を得ることができず、先行きの見通しが立たないことから、今回の措置となった。

負債は約132億円。