ラップマスターエスエフティ株式会社

ラップマスターエスエフティ(株)(資本金2億8725万1952円、千代田区神田多町2-2-22、代表高工弘氏)は、10月30日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。

破産管財人は金山伸宏弁護士(港区赤坂1-12-32、電話03-5562-8500)。債権届け出期間は12月4日までで、財産状況報告集会期日は2014年2月5日午後2時。

当社は、1988年(昭和63年)4月に設立。明治機械(株)(東証2部上場)が85%出資する連結子会社。半導体用ウェハーや磁気ディスクヘッド用のラッピングマシーン、セラミックなど各種研磨装置などの卸販売を主に行っていた。各製品はオーダーメイドの製品で、汎用的なものにはない付加価値の高さを強みとして、2008年3月期には年売上高約25億2400万円を計上していた。

しかし、その後は世界的な経済環境の悪化で新規案件に乏しい状態が続いたうえ、受注残も先送りとなり、2010年3月期の年売上高は約9700万円まで急減。加えて、同期において未回収となっていた多額の長期売掛滞留金について貸倒引当金を計上したことなどで、当期純損失約20億4900万円を計上。2011年3月に事業を他社に譲渡し、以降は営業活動を停止。今年9月9日開催の取締役会において破産手続き開始の申立てを行うことを決議し、10月21日に自己破産を申請していた。

親会社によると、申請時の負債は約30億円。

ラップマスターエスエフティ株式会社

ラップマスターエスエフティ(株)(資本金2億8725万1952円、千代田区神田多町2-2-22、代表高工弘氏)は、10月21日に東京地裁へ自己破産を申請した。

当社は、1988年(昭和63年)4月の設立。明治機械(株)(東証2部上場)が85%出資する連結子会社として、半導体製造装置販売事業等を手がけていた。半導体用ウェハー、磁気ディスクヘッド用のラッピングマシーン、ポリッシングマシーン、セラミック等各種研磨装置、ウェハー平坦度測定器などの卸販売を主に行っていた。各製品は顧客に合わせたオーダーメイドの製品で、汎用的なものにはない付加価値の高さを強みとして、2008年3月期には年売上高約25億2400万円を計上していた。

しかし、その後は世界的な経済環境の悪化で新規案件に乏しい状態が続いたうえ、受注残も先送りとなり、2010年3月期の年売上高は約9700万円まで急減。加えて、同期において未回収となっていた多額の長期売掛滞留金について貸倒引当金を計上したことなどで、当期純損失約20億4900万円を計上。財務面は大幅な債務超過状況に陥るなか、2011年3月に事業を他社に譲渡し、以降は営業活動を停止。こうしたなか、2013年9月9日開催の取締役会において破産手続き開始の申立てを行うことを決議し、自己破産申請の準備に入っていた。

負債は約42億7000万円だが、今後、変動する可能性がある。

ラップマスターエスエフティ株式会社

ラップマスターエスエフティ(株)(資本金2億8725万1952円、千代田区神田多町2-2-22、代表高工弘氏)は、9月9日開催の取締役会において破産手続き開始の申立てを行うことを決議し、自己破産申請の準備に入った。債権債務の精査を進め、10月中旬をメドに破産申請する見通し。

当社は、1988年(昭和63年)4月の設立。明治機械(株)(東証2部上場)が85%出資する連結子会社として、半導体製造装置販売事業等を手がけていた。半導体用ウェハー、磁気ディスクヘッド用のラッピングマシーン、ポリッシングマシーン、セラミック等各種研磨装置、ウェハー平坦度測定器などの卸販売を主に行っていた。各製品は顧客に合わせたオーダーメイドの製品で、汎用的なものではない付加価値の高さを強みとして、2008年3月期には年売上高約25億2400万円を計上していた。

しかし、その後は世界的な経済環境の悪化で新規案件に乏しい状態が続いたうえ、受注残も先送りとなり、2010年3月期の年売上高は約9700万円まで急減。加えて、同期において未回収となっていた多額の長期売掛滞留金について貸倒引当金を計上したことなどで、当期純損失約20億4900万円を計上。財務面は大幅な債務超過の状況に陥るなか、2011年3月には事業を他社に譲渡し、以降は営業活動を停止していた。

負債は約42億7000万円の見込みだが、今後、変動する可能性がある。

なお、親会社の明治機械(株)は「本件による当社の平成26年3月期連結業績に与える影響は軽微であると見込んでいるが、業績予想の修正等が必要であることが判明した場合は、速やかにお知らせする」としている。