ホロン株式会社

ホロン(株)(資本金1億2000万円、千代田区神田須田町2-25-2、代表落合昌男氏、従業員131人)は、6月30日に東京地裁へ自己破産を申請した。

申請代理人は瓜生健太郎弁護士(港区赤坂1-12-32、03-5575-8400)ほか。

当社は、1935年(昭和10年)創業、50年(昭和25年)3月に法人改組した婦人服製造業者。「Powal Holon」をはじめとする自社ブランドのブラックフォーマルウェアを主力商品とし、東京本社のほか、大阪・福岡に営業所を設置、百貨店、専門店、量販店を得意先としていた。2004年には別会社より婦人服プレタポルテの営業権を譲り受けたことなどが寄与し、ピークとなる同年12月期は年売上高約51億7100万円を計上していた。

しかし、翌2005年同期はプレタポルテ部門が計画通りに伸びず、年売上高約50億2000万円にとどまったうえ、主力のブラックフォーマルウエアの競争力低下や、ファッションアドバイザーの雇用増による経費負担や借入金利負担などから約1億1500万円の最終赤字となっていた。

負債は2005年12月末時点で約38億円。