ペッカリイ株式会社

ペッカリイ(株)(資本金3億496万8900円、港区南青山5-11-15、代表工藤一枝氏)は、5月31日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた。

申請代理人は村上義弘弁護士(港区虎ノ門1-17-1、電話03-3406-8628)ほか8名。監督委員には羽野島裕二弁護士(港区西新橋1-20-3、電話03-3592-0541)が選任されている。

当社は、1986年(昭和61年)3月に設立された居酒屋やレストランの直営、および業務受託による飲食店の運営業者。居酒屋形態で「銀座パンドラ」「集落」、レストラン形態で「ルーク」「ヴィラモウラ」「Chambre(マ・シャンブル)」「PerolaAtlantica(ペローラ・アトランチカ)」、ファーストフード形態の「ファーム」「エニータイム」など12店舗を運営(うち「ルーク」「エニータイム」「ファーム」は業務受託)し、さらに「パスタフローラ」12店舗をフランチャイザーとして展開していた。2008年12月には東京都が運営する東京チャレンジファンド投資事業有限責任組合から1億5000万円の出資を受け財務基盤を安定化させ、各店舗に特色を持たせた個店主義を徹底するなどして2009年8月期の年売上高は約26億4600万円を計上していた。

近時ではパスタフローラを駒沢大学前店にオープンし、赤坂サカスに所在している「カステロ ブランコ」を「ヴィラモウラ 赤坂サカス店」としてリニューアルオープンするなど東京都内を中心に積極的な店舗改装および新規出店攻勢をかけ業績を拡大させていた一方、店舗ごとの売上は低調に推移していた。出店や閉鎖に伴う費用を金融機関からの資金導入や社債発行による資金調達へ過大に依存し、借入負担が重荷となっていた。

負債は、債権者約220名に対して約38億円。