株式会社ブルームインターナショナル

(株)ブルームインターナショナル(資本金5500万円、港区南青山3-1-30、代表杲田〈こうだ〉康平氏ほか1名、従業員18名)は、1月31日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日付で監督命令を受けた。

申請代理人は大場寿人弁護士(千代田区内幸町2-1-4、電話03-3500-2922)ほか3名。監督委員は澤野正明弁護士(千代田区丸の内2-2-2、電話03-6212-5500)。

当社は、1986年(昭和61年)11月設立。若年層をターゲットとした自社ブランド「BLOOM」等をはじめとするアクセサリー商品の企画や国内外からの仕入れを行い、グループの販売会社向けに販売。2008年2月期には年売上高約25億1400万円をあげていた。

しかし、近年は東日本大震災や地金・為替相場の変動の影響を受けていたほか、グループ不採算店舗の閉鎖などを進めたことで、2012年2月期の年売上高は約16億8000万円にダウン。近時はグループで全国約140の商業施設においての小売店展開となっていたが、年商を上回る借入金が収益を圧迫。返済が困難となり、自主再建を断念した。

負債は債権者約50名に対し約34億円。

なお、民事再生法の適用を申請したのは、当社グループのうち、当社のみであり、店舗運営を行う販売会社は、法的整理を行っていない。