株式会社ニョッキ

(株)ニョッキ(資本金6900万円、神戸市中央区江戸町101、代表中村光伸氏、従業員5名)は、4月23日に神戸地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた。

申請代理人は井上賢弁護士(大阪市北区西天満2-3-9、電話06-6362-3800)ほか1名。監督委員は亀井尚也弁護士(神戸市中央区多聞通2-1-10、電話078-361-9494)。

当社は、1981年(昭和56年)11月創業、86年(昭和61年)11月に法人改組された。イタリア料理店「GNOCCHI(ニョッキ)」、「LA BARAONDA(バラオンダ)」、ベトナム料理「VIETNAM FROG(ベトナムフロッグ)」、お粥料理「粥粥」、「周荘」、日本料理「禅園」、鉄板焼き料理「3匹の子ぶた」、「地鶏 十九二(とくじ)」などの飲食店を全国に展開。

その後、店舗増大に伴い各店舗のフランチャイズ化を進め、2005年10月期にはロイヤリティー収入が増加したこともあり年収入高約38億6400万円を計上していた。2006年12月には全店舗のフランチャイズ化が完了、当社は経営コンサルタント業へ転換した。

しかし、フランチャイズ化に伴い店舗改装費、敷金などを当社が肩代わりしていたこともあり、借入金は増大し、資金繰りを圧迫していた。今年2月ころから、急激に資金繰りが悪化し、今回の措置となった。

負債は金融債務を中心に約56億5000万円。