オールサッシ販売株式会社

8月30日に東京地裁へ自己破産を申請したオールサッシ販売(株)(資本金4億9194万円、名古屋市千種区今池4-15-3、代表大澤勇二氏、従業員73名)は、8月31日に破産手続き開始決定を受けた。

破産管財人は竹村葉子弁護士(東京都新宿区新宿1-8-5、電話03-3356-5251)。

当社は、1972年(昭和47年)4月に設立されたサッシ販売および取付工事業者。大手住設機器メーカーの有力代理店として、マンション、商業ビル、公共施設などに使用されるスチール・ステンレスサッシやアルミサッシの販売および付随した取付工事も手がけ、取付工事は大半を外注に依存し、東京都文京区、大阪市中央区、浜松市南区、福岡市中央区に拠点を有し、1992年3月期には年売上高約137億4700万円を計上していた。

しかし、不況による民間設備投資の減少や戸建て住宅・マンション販売の低迷、公共工事の減少に加えて、同業者との競合激化で受注は減少傾向で推移、2011年3月期の年売上高は約70億4700万円までに落ち込んでいた。この間、採算性の低い工事の増加や取引先の倒産による焦げ付きも散発し、収益性は低調で、財務内容は脆弱化していた。

2012年3月期に入ってからも、東日本大震災の影響で売上はさらに落ち込み、業況に回復は見られず、資金繰りは悪化。先行きの見通し難から、今回の措置となった。

負債は2011年3月期末時点で約43億5700万円だが、流動的。