株式会社アウトバーン

株)アウトバーン(資本金1000万円、荒川区東日暮里5-32-10、代表吉野浩氏)、佐倉興産(株)(資本金4000万円、荒川区東日暮里5-5-7、同代表)、(株)Abbey Road(資本金30万円、荒川区東日暮里5-32-10、同代表)の3社は3月31日に東京地裁へ自己破産を申請していたが、4月8日に同地裁より破産手続き開始決定を受けた。

破産管財人は矢島匡弁護士(港区赤坂2-2-21、矢島匡法律事務所、電話03-6459-1105)。債権届け出期間は5月7日までで、財産状況報告集会期日は7月2日午前10時。

(株)アウトバーンは、2008年(平成20年)4月に佐倉興産(株)の事業継承を目的として設立。佐倉興産(株)は、1973年(昭和48年)8月に設立し、75年より(株)アウトバーンの商号で紳士・婦人カジュアルウエアの企画・製造、卸、小売りを手がけ、「VANS.」「DJ.HONDA」「PIKO」などのライセンスブランドや「KILIWATCH」などのインポートブランド、またオリジナルブランドを展開し、2003年7月期には年売上高約140億5900万円をあげていたが、同業他社との競合や卸売部門における受注が減少し、2007年9月に民事再生法の適用を申請、その後、2008年5月に現商号の佐倉興産に変更していた。

事業継承を受けた(株)アウトバーンは、オリジナルブランド「ディリッシュ」「グラズム」やライセンスブランドのメンズカジュアルウエアを扱い、主に小売店で販売、2009年7月期には年売上高約14億円を計上していた。その後、国内小売店や韓国など海外への卸事業に転換したが改善せず、2011年7月期の年売上高は約4億円までダウン。経費削減に努めていたものの、売り上げは横ばいの状態が続き、黒字化を果たせず、円安の影響などもあり、佐倉興産(株)とともに今回の措置となった。
(株)Abbey Roadは、2011年(平成23年)8月に設立。衣料品の製造を手がけていたが、連鎖した。

負債は、(株)アウトバーンが債権者約48名に対し約31億7600万円、佐倉興産(株)が債権者約20名に対し約31億5200万円、(株)Abbey Roadが債権者約3名に対し約3800万円で、3社合計で約63億6600万円。

株式会社アウトバーン

(株)アウトバーン(資本金4000万円、荒川区東日暮里5-5-7、代表黒瀬博氏、従業員110名)は、9月14日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。

申請代理人は大関大輔弁護士(中央区八重洲2-2-12、電話03-5202-0585)。監督委員は矢島匡弁護士(中央区八重洲1-6-17、電話03-3272-4066)。

当社は、1973年(昭和48年)8月に設立。紳士・婦人カジュアルウエアの企画・製造、卸、小売りを手がけ、大手量販店やジーンズカジュアルチェーンショップに販路を有するほか、ファッションビルにてインショップ34店舗(2007年2月末時点)を運営。ライセンスブランドとして「VANS.」「DJ.HONDA」「PIKO」のほか、インポートブランドとして「KILIWATCH」、また自社オリジナルブランドとして「デニムチック」「クラウディーボーイ」「ミルクバー」などのカジュアルウエアの販売を手がけ、2003年7月期には年売上高約140億5900円をあげていた。

しかし、同業他社との競合が厳しく、近年売上比率の高い卸売部門において受注の減少を余儀なくされ、2006年7月期には年売上高約102億5400万円にまで落ち込んでいた。この間、店舗のスクラップアンドビルドや人件費を中心とした経費削減を進めるなど経営改善に努めたものの、減収に歯止めがかからず、支えきれず今回の措置となった。

負債は2006年7月末時点で約58億7800万円。