清算による倒産


民事再生などで失敗した場合、こちらに移行します。
弁護士をいれて、会社の全資産を売却し負債額に応じて分配します。

この時に、処分していない個人の資産があれば、
もちろん差し押さえられたり、売却されたりするわけです。

そこで、法的に処理されてしまえば、
社長に実力、人望などがあれば、細々と事業を再開することは可能です。
実際、そういう例は多数あります。

もちろん、事業はあきらめて、歳を取ってからでも勤められる
タクシーの運転手やガードマンなどになって細々とやっていく
という人のほうが多いようです。