会社更生法による倒産


一部上場とか有名な企業に多くみられるスタイルですが、
この場合は、会社は存続しますが経営者である社長は
その責を負って辞任することになります。

この場合、個人の資産は担保に入っていない場合が多く、
その場合は単に辞める。に留まります。
————————————————–
経済的に苦境にあるが債権の見込みのある株式会社について
債権者・株主等の利害を調整しながらその事業の維持・更正を図ることを目的とする裁判上の手続きを定めた法律。
<広辞苑引用>