八街工業株式会社(旧商号:大同化成株式会社)

八街工業(株)(資本金2100万円、八街市八街に45、登記面=東京都中央区銀座6-13-16、代表清算人鏡高志氏)は、7月29日に東京地裁より特別清算開始決定を受けた。

当社は、1965年(昭和40年)5月に設立された合成樹脂製品の製造業者。自動車用マットや土木用シート、建材用床材シートなどの各種シート・マット類を製造し、全国の自動車内装品製造業者や建材製造業者、住宅設備機器製造業者を主体に卸売業者やホームセンターなどの小売業者に販路を展開していた。原材料の混合から製品完成までを一貫して行い、特に熱触媒(オイル)で加工する設備を有しているため、高温での樹脂加工を可能にしたことで幅広いニーズに対応。自動車関連をメーンに安定した受注が得られ、近年はバスルームの床マットが伸長し、2012年8月期の年売上高は約15億円を計上していた。

他方、2000年代前半には当社に対する債権が金融機関から(株)整理回収機構(東京都千代田区)に譲渡されるなど金融環境が悪化し、過剰債務が重くのしかかっていた。また仕入価格の高騰に加え、販売価格も低下傾向をたどっていたほか、新製品開発のための設備投資に伴うコスト増により収益が圧迫されていた。

2013年3月1日には会社分割により新・大同化成(株)(千葉県八街市、代表水戸在権氏)に事業を譲渡し、商号を現商号に変更、3月31日に開催した株主総会の決議により解散していた。

負債は2012年8月期で約38億5700万円だが、変動している可能性がある。

ベレッツアクラブジャパン株式会社

ベレッツアクラブジャパン(株)(資本金9025万円、東京都中央区京橋3-3-8、代表清算人平岩茂市氏)は、8月6日に東京地裁へ親会社であるブラザー工業(東証1部)の取締役会において、特別清算手続き開始の申立てをすることを決議していたが、同日、東京地裁に特別清算を申請した。

当社は、1990年(平成2年)12月に旧・ブラザー販売(株)の出資により設立。美顔器を主体とした美容機器の販売を手がけ、92年3月期の年売上高は約115億600万円を計上していた。99年に旧・ブラザー販売(株)をブラザー工業(株)が吸収合併したことで、同社の100%出資子会社となっていた。

その後、販売不振に歯止めがかからなかったため、美容関連事業を終息させる一方、親会社への借入金の返済に取り組んできた。しかし、ここにきて返済のメドが立たなくなったことから、今回の措置となった。

負債は、2013年3月期で約158億4300万円。

なお、ブラザー工業(株)は、すでに当社に対する債権約158億円を貸倒引当金として全額計上済みであり、業績予想にも織り込み済みであることを明らかにしている。

株式会社アクロス

(株)アクロス(資本金4億9500万円、戸田市新曽2235、代表松野年宏氏、従業員30名)は、8月2日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた。

申請代理人は相澤光江弁護士(東京都港区虎ノ門4-3-13、電話03-6721-3111)ほか。監督委員には高木裕康弁護士(東京都千代田区丸の内3-3-1、電話03-3213-1081)が選任されている。

当社は、1987年(昭和62年)5月に設立。炭素を炭素繊維で補強した材料であるC/Cコンポジットを活用した各種製品の製造を手がけ、耐熱、摺動、機能性素材など幅広い分野での先端複合材料を提供していた。C/Cコンポジットは、軽量、高強度、高弾性という特徴を持つほか、製造コストも低く抑えられるなど優れた機能を有し、具体的商品としてはリンクベルト、パイプ、アングル、シート、またクラッチ、ボルト、ナットなど自動車をはじめ各種機械の部品となっていた。戸田市の本店工場のほか県内に複数、および福井県鯖江市内にも工場を構え、各種製品の高機能性が支持されて業況は拡大基調をたどり、2008年3月期に約37億2200万円であった年売上高は、2011年3月期には約54億9900万円まで伸長していた。

しかし、東日本大震災の影響もあり、その後は徐々に受注が減少。2012年3月期は年売上高が約43億9500万円にまでダウンしていた。また、開発費用が多額にのぼり資金先行型の財務体質であったことから、借入依存度が高く有利子負債も年商規模にまで膨らみ、利払い負担が重く収益を圧迫していた。このため、本店工場および県内複数の工場のうち、一部機能を福井工場(現在は関係会社の管理下)に集約するなど合理化を進める一方、大手企業の資本参加を得るなど財務面の強化に努めていたものの、近時は売り上げ全体が伸び悩むなか、売掛金の回収遅延も重なり資金繰りが大きく悪化。この7月末の決済が困難となり、法的手続きによる再建を目指すこととなった。

負債は約70億円。