株式会社ウエストワンズ

(株)ウエストワンズ(資本金1000万円、加東市上三草1136-67、登記面=大阪府池田市上池田1-8-16、代表荒木進氏)は、6月28日に大阪地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた。

申請代理人は村野譲二弁護士(大阪市北区西天満2-10-2、電話06-6365-8111)ほか3名。監督委員は苗村博子弁護士(大阪市北区西天満2-6-8、電話06-4709-1170)。

当社は、1993年(平成5年)4月に設立した、ゴルフ場「ウエストワンズカンツリー倶楽部」の経営業者。コースとクラブハウスの開発は代表兼務の別会社が行い、93年のオープン後に当社を設立して継承した。18ホール・7077ヤード、公認コースレート74.0とやや難易度の高いコースであるものの、中国自動車道・滝野社インターから程近くに位置し、大阪市から自動車で約1時間、神戸市から約30分とアクセスが良いため、法人需要も根強く名門コースとして知られているほか、プロツアーも行われていた。

ビジター客が増加した2006年3月期は年収入高約6億4900万円を上げたものの、減価償却を実施したことで約5億4600万円の経常損失を余儀なくされ、以降も多額の減価償却の実施で経常損失が続いていた。近年は、近隣同業者の法的整理に伴う競争激化からプレー料金を引き下げて対抗したため、2011年3月期の年収入高は約4億7200万円にとどまり、3期以上連続で営業赤字を計上するなど業績低迷が続いていた。この間、資金繰りは、出資企業からの借り入れでしのいでいたが、2007年、2008年にはコースとクラブハウス不動産に差押え登記がなされ、現在も登記されているなど余裕のない状況が続いていたほか、預託金返還問題が懸案となっていた。

負債は約200億円。