正華産業株式会社

正華産業(株)(資本金4億円、大阪市西区江戸堀1-21-35、代表分島克氏、従業員39名)は、11月29日に事業停止し、事後処理を渡辺徹弁護士(大阪市中央区北浜1-8-16、電話06-6202-1088)ほかに一任した。

今後は自己破産を申請する予定。

当社は、1971年(昭和46年)8月に設立の化成品商社。大阪市内で数度の移転を経て、2001年12月現所に本店を移転。2005年3月、京都市の化学薬品メーカー傘下(100%出資)となっていたが、2009年2月に分島代表が個人出資する資産管理会社が同社から株式を買収。無機・有機化学品の卸売、輸入化成品の販売を行う化成品卸売事業(31.6%)を中心に、ISK酸化チタンの韓国向け輸出代理店やゴム薬品・チーク間伐材などの輸出入を行う国際貿易事業(25.7%)ほかを手掛けていた。

また、東京・札幌に事業拠点を設け、長年の業歴の下、上場化学薬品商社や大手総合商社、農薬メーカー、製紙業者など安定した顧客基盤を有する一方、ISO14001認証やISO9001認証など国際規格も取得するなど社内体制も確立。加えて、2004年頃から積極的なM&Aにより、エクステリアなどのアルミ建造物の設計製作事業や農薬梱包材の企画販売事業など異業種に進出、さらに2008年4月からは飲食店向けの食材物流管理に参入するなど事業領域を拡大させ、2009年3月期には、ピーク時となる年売上高約133億5600万円を計上していた。

しかし、多業種にわたる事業展開で売上は急伸していたものの、M&A資金や設備投資資金などから金融債務が増加していたほか、新規事業の収益性も低調であったことから、2009年6月に社外から取締役を招聘(11月に辞任)し、財務内容改善に乗り出し、不採算事業の廃止・撤退や人員削減などのリストラに着手。そうした中、所有不動産に対する取引先の根抵当権設定仮登記や金融機関による仮差押のほか、債権譲渡登記が相次いで設定されたことから信用状況が大幅に低下。さらに、事業撤退による資金回収難などから資金繰りが急激に悪化、返済の延滞や仕入債務の支払遅延を発生していた。

負債は2009年3月期末で約54億9100万円。

株式会社エスマック

(株)エスマック(資本金9840万円、高崎市倉賀野町3409-5、代表木阪修二氏、従業員40名)は、11月27日に前橋地裁高崎支部へ自己破産を申請した。

申請代理人は佐々木貴教弁護士(東京都千代田区麹町1-6-9、電話03-3238-8111)ほか。

当社は、(株)須賀製作所(高崎市、1924年設立、のちに会社を整理)から分離するかたちで1945年(昭和20年)12月に設立、高所作業車などの特殊車両の製造を手がけていた。外注利用で部品を製造して当社はその部品を組み立てる形態。販売に関しては大手建機レンタル・販売業者を主要得意先として2007年8月期には約83億3600万円の年売上高を計上、全国レベルでも高所作業車の製造において業界大手に属していた。

しかし、高所作業車は電気通信工事や建築工事への利用が主体。大型建築物の工事が減少するなかで得意先の建機レンタル業者などが在庫調整を進めたために受注は減少、2009年8月期の年売上高は約20億円に減少して大幅な赤字決算に陥っていた。

このようななかで、過年の設備投資などを背景として導入した借入金が年商を上まわり資金繰りを圧迫、支えきれずに今回の措置となった。

負債は約38億円。

大西商事

大西商事(個人経営、木津川市山城町平尾北払戸20、経営者大西通夫氏)は、8月28日に京都地裁へ自己破産を申請し、11月6日に同地裁から破産手続き開始決定を受けていたことが、このほど判明した。

破産管財人は小槻浩史弁護士(京都市中京区堺町通丸太町下ル北川ビル、電話075-213-4774)。

大西商事は、1962年(昭和37年)6月に創業した不動産売買業者で、京都府南部、奈良県大和郡山市などでの不動産売買を主体に、一部賃貸業務も手がけていた。とくに、バブル期には積極的に事業を展開し、経営者の自宅は「日本の豪邸」として度々マスコミにも取り上げられ、映画「極道の妻たち」のロケ地にも使用されるなどしていた。

しかし、バブル経済の崩壊とともに業績は急速に悪化。金融債務の返済も困難となっていたなかで、2000年10月には自治体や取引行から所有不動産を差押えられたほか、主力行の経営破たんで大半の金融債務が整理回収機構へ譲渡されるなどし、2005年12月には事業を停止していた。

負債は約423億8900万円。