廣田石油株式会社

廣田石油(株)(資本金5000万円、港区赤坂1-12-32 西村あさひ法律事務所内、旧本店所在地=富山県高岡市赤祖父754、代表廣田裕一氏、従業員80名)は、8月18日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。

破産管財人は高木茂弁護士(中央区銀座2-7-6、高木法律事務所、電話03-3538-8351)。

当社は、1896年(明治29年)に創業、61年(昭和36年)12月に法人改組したガソリンスタンド、石油卸業者。創業以来100年以上の業歴を有する老舗企業で、高岡市を主体に富山市、魚津市と一部県外への販路も拡大し、90年には射水市に整備工場を建設。近年は直営給油所13カ所に関連企業による3カ所の給油所を加え、県内トップクラスの業容を誇り、業績面では、長年の業歴と高岡地区の大手企業、官公庁への卸売りを加え、最盛期となった83年7月期の年売上高は約144億5300万円を計上していた。

しかし、積極的な店舗展開による金融負担に近年のセルフスタンド化による新たな設備投資が加わり、収益性を圧迫していた。さらに、原油価格急騰による販売価格への転嫁が進まず、収益性の極端な悪化から大手元売りによる多面的な支援を得て経営再建を目指していたが、支え切れず、2008年10月31日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請していた。

その後、2008年11月7日に同地裁から再生手続き開始決定を受けていたが、2009年7月21日に再生手続きが廃止されていた。

なお、当社の本店所在地は2009年6月3日付けで富山県高岡市赤祖父754から移転している。

民事再生法申請時の負債は約35億円。

株式会社サワダフーズ

(株)サワダフーズ(資本金4800万円、名古屋市西区児玉2-2-1、代表澤田昌和氏、従業員29名)は、8月12日に名古屋地裁へ自己破産を申請した。

申請代理人は堀井敏彦弁護士(名古屋市東区白壁2-4-30、電話052-971-2906)。

当社は、1965年(昭和40年)11月に設立された菓子卸・小売業者。洋菓子・チョコレート・せんべい・キャンディーなど菓子全般の卸売を主体に、2008年11月期には年売上高約30億600万円を計上していた。

しかし、その後は同業者との競合や、景気悪化による得意先の売上減少で、受注は落ち込んでいたことに加えて、国内の小麦価格高騰による仕入価格の値上げを販売価格に転嫁できず、収益性は悪化していた。

さらに、得意先である(株)関西マルキン(芦屋市、既報)との不明瞭な手形操作を数年前から行っていたが、同社が資金ショートしたため、焦げ付きが発生し、資金繰りに行き詰まり、先行きの見通し難から、8月5日までに事業を停止していた。

負債は約38億円と見られるが、流動的。

信田罐詰株式会社

信田<しだ>罐詰(株)(資本金7865万円、銚子市黒生町7400-7、登記面=銚子市三軒町2-1、代表信田裕輔氏、従業員70名)は、8月28日に千葉地裁へ民事再生法の適用を申請した。事件番号は平成21年(再)第8号。

申請代理人は伊藤博弁護士(東京都千代田区九段北4-1-26、電話03-5216-3131)。

当社は、1905年(明治38年)4月創業、55年(昭和30年)4月に法人改組された各種水産加工品の缶詰・瓶詰などの製造業者。85年8月に隣接していた企業を買収し、88年にレトルトパウチ食品の製造業に進出するほか、直営店やインターネットによる販売チャネルの拡大を図り、96年10月に「サバカレー缶詰」、97年3月に栄養補助食品「コラゲタイト」、2000年に「銚子風おでん缶」(共同開発)を投入するなど、新製品の開発・商品化に積極的な投資を行ってきた。特に「銚子風おでん缶」がテレビドラマの影響により爆発的なヒット商品となったほか、主力得意先の缶詰製造が国内にシフトしたことなどから受注が拡大し、2007年8月期の年売上高は約40億5400万円をあげた。

しかし、その後は主力得意先の経営統合などから取引が縮小したほか、原料魚イワシやサバの仕入単価が高騰したため仕入量を抑制せざるを得ず、生産量は前期実績を下回り、2008年8月期の年売上高は約34億8000万円にとどまっていた。さらに、原料の仕入単価の高騰を既存製品への卸価格に転嫁が進まず、大幅な欠損を計上、債務超過に陥り、資金繰りは多忙化していた。

こうしたなか、取引金融機関へのリスケ要請が明るみとなり、一部の金融機関では債権をサービサーに譲渡するなど、金融機関は回収スタンスを強めてきた。千葉県中小企業再生支援協議会への申請を予定するなど、経営再建に向けた努力を行ってきたが、調整は不調に終わり、自主再建を断念、今回の事態となった。

負債は2008年8月期末時点で約37億3400万円。なお、営業は継続中。