阿讃開発株式会社

阿讃開発(株)(資本金3億円、板野郡上板町引野安楽寺谷90-10、代表藤井富之氏)は、10月24日に徳島地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた。

申請代理人は大道晋弁護士(徳島市徳島本町2-35、電話088-654-5630)。

当社は、1972年(昭和47年)11月に設立されたゴルフ場経営業者。鴨島町内の企業が母体となりゴルフ場の新設を目的に設立されたもので、75年7月に18ホールで営業を開始した。76年には9ホールを追加し、27ホールでの本格的な営業を開始した。

「御所カントリークラブ」の名称で、阿讃山麓に位置しているゴルフ場として、吉野川、淡路島から和歌山まで一望に見渡す高台にあり、徳島県内は勿論、京阪神方面からの顧客も集め、ピーク時には7~8億円の年収入高を確保していた。

しかし、その後の景気の低迷により利用客が徐々に減少、新設コースや県外の割安なコースとの競合が激しくなり、2007年3月期の年収入高は約2億8700万円まで低下していた。また、ここ数年は利益追求ができずに慢性的な赤字体質に陥るなど財務内容は悪化し、今後の自力再建を断念して、今回の措置となった。

負債は約37億円。

株式会社日本機材

(株)日本機材(資本金5000万円、千葉市美浜区中瀬2-6、代表内山三郎氏、従業員140名)は、10月23日に千葉地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日、保全命令を受けた。

申請代理人は蒲田哲二弁護士(東京都江東区亀戸2-22-17、電話03-3637-6177)ほか1名。監督委員には土屋寛敏弁護士(船橋市前原西2-32-5、電話047-471-5129)が選任されている。

当社は、1978年(昭和53年)3月に設立された県内大手の仮設機材リース業者。82年11月の東京支店開設を皮切りに、県内や埼玉県に事業拠点を展開。大手建設会社を中心に東京・千葉・埼玉・神奈川・茨城などの建設・塗装業者約3000社を得意先とし、先行手すりを主体とした枠組み足場、移動式足場、吊り足場、単管パイプなどの仮設機材を扱っていた。ビル・マンションなどの建設関連を主体に、道路・鉄道などの土木関連の仮設機材リースを手がけるほか、一部では機材の販売や工事も受注し、93年9月期には年収入高約53億5100万円をあげていた。

しかし、建設需要の冷え込みから、2003年同期の年収入高は約45億5300万円と低迷。2004年5月に工事現場での落下事故防止の為の「手すり先行工法に関するガイドライン」が策定(厚生労働省)されたことで「手すり先行足場」の需要が増加。2006年同期の年収入高は約52億1300万円に回復していたものの、この間、リース機材の償却負担が重く収益性は低迷していたうえ、機材投資に伴う多額の借入金返済が資金繰りを圧迫。自力再建を断念し、今回の措置となった。

負債は約97億4000万円。

株式会社リヴァイブ

(株)エイカン(資本金2000万円、城陽市寺田丁子口21、代表中井久勝氏)と、関係会社の(株)リヴァイブ(資本金1000万円、京都市下京区油小路仏光寺下る太子山町597、代表清算人中井久勝氏)、(株)シーペックス(資本金4000万円、同所、同代表清算人)、山陶商興(株)(資本金1000万円、京都市南区吉祥院砂ノ町57-2、代表清算人山下洋一氏)の4社は、9月6日に京都地裁へ自己破産を申請、10月3日に破産手続き開始決定を受けた。

破産管財人は戸田洋平弁護士(京都市中京区河原町二条南西角河原町二条ビル5階、京都総合法律事務所、電話075-256-2560)。

(株)エイカンは、1993年(平成5年)5月設立した産業廃棄物収集運搬業者で、廃プラスチック、紙、木、繊維くず、コンクリート破片などを扱い、94年10月に産業廃棄物処理業の許可を取得し、95年4月から実質的な営業を始めていた。

その後、バブル経済期に積極的に不動産投資を行い債務が膨張。2004年10月期は年収入高約2000万円を計上していたものの、過大な借り入れ負担で欠損計上が続いていた。そうしたなか、2000年11月にメーンバンクの南京都信金が経営破たんし、債務が整理回収機構に譲渡され、その後も債務弁済が進まず再建の見込みがないことから、破産による法的整理を選択した。

(株)リヴァイブは、1997年(平成9年)7月設立した不動産の仲介・賃貸業者。グループ企業の不動産投資にともない金融債務を膨らませ、今年3月30日に開催した株主総会の決議で解散していた。

(株)山陶商興(株)は、1981年(昭和56年)3月設立し、大手ゼネコンからの下請け受注で、マンション、ビル、大学などの外壁タイル・石工事を手がけていたが、金融債務がRCCに譲渡され、今年2月26日株主総会の決議で解散していた。

申請時点での負債は、(株)エイカンが約21億円、(株)リヴァイブが約50億円、(株)シーペックスが約19億円、山陶商興(株)が約8億円、4社合計約98億円。

株式会社エイカン

(株)エイカン(資本金2000万円、城陽市寺田丁子口21、代表中井久勝氏)と、関係会社の(株)リヴァイブ(資本金1000万円、京都市下京区油小路仏光寺下る太子山町597、代表清算人中井久勝氏)、(株)シーペックス(資本金4000万円、同所、同代表清算人)、山陶商興(株)(資本金1000万円、京都市南区吉祥院砂ノ町57-2、代表清算人山下洋一氏)の4社は、9月6日に京都地裁へ自己破産を申請、10月3日に破産手続き開始決定を受けた。

破産管財人は戸田洋平弁護士(京都市中京区河原町二条南西角河原町二条ビル5階、京都総合法律事務所、電話075-256-2560)。

(株)エイカンは、1993年(平成5年)5月設立した産業廃棄物収集運搬業者で、廃プラスチック、紙、木、繊維くず、コンクリート破片などを扱い、94年10月に産業廃棄物処理業の許可を取得し、95年4月から実質的な営業を始めていた。

その後、バブル経済期に積極的に不動産投資を行い債務が膨張。2004年10月期は年収入高約2000万円を計上していたものの、過大な借り入れ負担で欠損計上が続いていた。そうしたなか、2000年11月にメーンバンクの南京都信金が経営破たんし、債務が整理回収機構に譲渡され、その後も債務弁済が進まず再建の見込みがないことから、破産による法的整理を選択した。

(株)リヴァイブは、1997年(平成9年)7月設立した不動産の仲介・賃貸業者。グループ企業の不動産投資にともない金融債務を膨らませ、今年3月30日に開催した株主総会の決議で解散していた。

(株)山陶商興(株)は、1981年(昭和56年)3月設立し、大手ゼネコンからの下請け受注で、マンション、ビル、大学などの外壁タイル・石工事を手がけていたが、金融債務がRCCに譲渡され、今年2月26日株主総会の決議で解散していた。

申請時点での負債は、(株)エイカンが約21億円、(株)リヴァイブが約50億円、(株)シーペックスが約19億円、山陶商興(株)が約8億円、4社合計約98億円。