エヌデイーシー株式会社


エヌデイーシー(株)(資本金1億円、蒲生郡日野町中山724-1、代表小路誠氏)は、6月27日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全・監督命令を受けた。

申請代理人は野中信敬弁護士(東京都千代田区紀尾井町3-20、大島総合法律事務所、電話03-3288-5228)ほか2名。監督委員には佐長功弁護士(東京都中央区八重洲2-8-7、阿部・井窪・片山法律事務所、電話03-3273-2600)が選任されている。

当社は、1972年(昭和47年)11月に設立。「蒲生ゴルフ倶楽部」を77年10月にオープン、ゴルフ場は「比良」「伊吹」「鈴鹿」の3コースを有し、なだらかな地形を生かしたフラットなコースが特徴で、全27ホール(パー108/10,431ヤード)となっていた。

名神高速道路竜王インターから15㎞(約20分)、蒲生スマートインターから11㎞(約13分)と交通アクセスの良好さに加え、施設内に日本庭園が見事な「ホテル蒲生の郷」を併設するなど充実した設備面を強みに、滋賀県下でも歴史ある名門ゴルフ場として、相応の法人会員および一般会員を有し、2001年2月期には年収入高約8億円を計上していた。

しかし、近年は近郊のゴルフ場との競合が激しく、利用客数の減少を余儀なくされ、2018年2月期の年収入高は約5億3600万円に減少。また客単価の下落から低収益を余儀なくされるなど厳しい運営を強いられていた。このため、コンペ等の企画により客単価の向上を図るほか、人件費やコース維持および修繕費の削減などコスト削減に努めたものの、業況に回復がみられぬなか、預託金の返還請求への対応が困難となり、民事再生手続きにより再建を図ることとなった。


「出典:帝国データバンク」