有限会社大曲建機


(有)大曲建機(資本金1000万円、大仙市下深井字石堂72-1、代表小林卓氏、従業員22名)は、1月30日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。

申請代理人は坂東雄大弁護士(東京都中央区銀座2-16-7、坂東総合法律事務所、電話03-3542-7890)。監督委員は勝部浜子弁護士(東京都千代田区神田小川町2-1、やまぶき法律事務所、電話03-5577-6901)。

当社は、1973年(昭和48年)創業、81年(昭和56年)9月に法人改組した建設機械卸・レンタル業者。全国を営業エリアとして、各種建設機械の卸を主体に、それらのレンタルおよび整備、修理を手がけていた。建設機械は、新車のほか中古のクローラークレーン、ホイールクレーン、油圧ショベル、ホイールローダー、バックホーなどを扱っており、重機、車両など多種多様なレンタル物件も揃えていた。東南アジア、中近東での中古重機の需要増加や震災復興による建設機械需要の高まりなどを背景に、近年は大型クレーン車のレンタルに注力し、震災以降に業績が急拡大。2013年12月期には年売上高約49億5000万円を計上していた。

しかし、急激な業容拡大に伴って、大型クレーンをはじめとした保有重機の増強で減価償却負担が重く内部留保も脆弱ななかで、近時は資金繰りが急激に悪化していた。こうしたなか、取引先であった(株)PROEARTH(神奈川県厚木市、建機販売)が2017年12月26日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同社に対して不良債権が発生。当社への信用不安も広まり、ここに来て資金調達が限界に達したことから今回の措置となった。

負債は債権者約90名に対し約38億5031万円。

なお、事業は継続中。


「出典:帝国データバンク」