株式会社イー・ステート


(株)イー・ステート(資本金1000万円、大阪市中央区伏見町4-1-1、代表清算人平野泰久氏)は、1月19日に大阪地裁より特別清算開始命令を受けた。

当社は、2002年(平成14年)6月に不動産デベロッパーである(株)日本エスコン(東証1部上場)の連結子会社として設立。複合施設・大型施設のアセット開発事業や不動産売買・賃貸業を手掛ける特定目的会社として、主に分譲マンション「ネバーランド」シリーズの土地取得から完工引渡業務のほか大型複合開発「福岡春日プロジェクト」にも携わり、2010年12月期の年売上高は約40億9600万円を計上していた。

しかし、リーマン・ショックの影響を受け不動産市況は急速に悪化し、日本エスコンも大幅な赤字決算を余儀なくされ、2009年に事業再生ADRの手続きを申請。その後は、停滞していた「福岡春日プロジェクト」も2010年には商業施設エリアを開業、住居エリアの事業も進展し当社としての任務はほぼ終了。累積損失を削減し、資本構成の改善を図るため2012年6月には減資を行うほか、日本エスコンへ資産の譲渡を進めたうえで2017年11月30日開催の株主総会で解散を決議していたところ、今回の措置となった。

負債は約40億円。


「出典:帝国データバンク」