株式会社アルゴノーツなど2社


(株)アルゴノーツ(資本金4000万円、登記面=新宿区西早稲田3-20-3、代表皆川純一氏)と、関係会社の(株)クラウディア(資本金3000万円、登記面=新宿区西新宿1-25-1、同代表)は、12月8日に東京地裁へ自己破産を申請し、20日に同地裁より破産手続き開始決定を受けた。

申請代理人は河津良亮弁護士(渋谷区渋谷2-10-16、渋谷法律事務所、電話03-5468-8688)。破産管財人は小島伸夫弁護士(千代田区神田須田町1-13-8、東京まどか法律事務所、電話03-3254-6788)。債権届け出期間は、2018年1月24日まで。

アルゴノーツは、2003年(平成15年)12月に設立された不動産の賃貸・売買業者。新築マンションの開発・分譲を行うほか、一棟買いによる自社ブランド「アリュージュ」を展開。また、同業者からの販売受託、仲介を手がけ、2006年11月期には年売上高約45億7000万円を計上していた。

しかし、サブプライムローンに端を発した不動産市況の悪化により、新築マンションの販売が低迷、業態転換を企図し、賃貸物件の取得を進めるとともに、自社分譲用に仕入れていた物件も竣工後は賃貸する方向へ転換していた。物件の売却とともに借入金の返済を進めていたが、不動産価格の下落などにより、多額の損失計上を余儀なくされていた。2008年頃に事業を停止、ここに来て債務整理の目途が立ったことにより、今回の措置となった。

クラウディアは、2007年(平成19年)7月設立の不動産販売業者。アルゴノーツに連鎖するかたちで2009年頃に事業を停止し、同様の措置となった。

負債は、(株)アルゴノーツが債権者約37名に対し約54億4500万円、(株)クラウディアが債権者約8名に対し約4500万円。2社合計で約54億9000万円。


「出典:帝国データバンク」