ATT株式会社


ATT(株)(資本金1億円、墨田区両国2-17-17、代表柴野恒雄氏)は、8月28日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。

破産管財人は近藤丸人弁護士(中央区銀座1-8-21、近藤丸人法律事務所、電話03-3567-6261)。債権届け出期間は10月2日までで、財産状況報告集会期日は12月19日午前11時。

当社は、2006年(平成18年)9月の設立。主にスマートフォン、パソコン、カーナビなどに利用されるタッチパネル用の高機能表面保護フィルムを扱い、自社で企画開発した製品について国内や中国の業者に生産を委託。得意先のエンドユーザーは台湾・韓国・中国などの海外メーカーが約9割を占め、海外での保護フィルム需要急伸を受け、2016年8月期の年売上高は約574億円としていた。

しかし、従前から利益率の低い経営を余儀なくされていたうえ、過去に国内自社工場を閉鎖した際の累積損失などから、厳しい財務内容を強いられていた。近時は、複数の企業や個人から債権譲渡登記の設定を受けるなど動向が注目されるなか、6月22日に代表名で当社が循環取引を行っていた旨の通知が出され、取引先への支払いが滞る事態も発生。ここに来て事業継続が困難となった。

負債は債権者約31名に対し約89億9854万円。


「出典:帝国データバンク」