株式会社ZEN POWER


(株)ZEN POWER(資本金3000万円、福岡市博多区博多駅前2-3-7、代表木村道雄氏)は、2016年12月22日に福岡地裁へ自己破産を申請、4月5日に同地裁より破産手続き開始決定を受けた。

破産管財人は中川佳宣弁護士(福岡市中央区渡辺通2-1-82、西村あさひ法律事務所福岡事務所、電話092-717-7300)。

当社は、2005年(平成17年)12月に設立された太陽光発電設備の製造・販売業者。もともとはエスシパワ(株)の商号で設立され、情報機器用超薄型IC電源の開発を行っていた。2013年10月に現商号へ変更するとともに、太陽光発電パネル製造・販売業へ業態転換した。国内販売のほか、海外への輸出も手がけ、業績のピークとなる2014年12月期には年売上高約74億円を計上していた。

しかし、2015年12月期の売り上げは約5600万円に急減。同年から翌2016年にかけて徐々に業容を縮小し、実質的な営業活動を停止していた。

負債は債権者約3名に対し、約52億円。

なお、太陽光関連では、今年最大の倒産となる。


「出典:帝国データバンク」