株式会社花咲カントリー倶楽部


(株)花咲カントリー倶楽部(資本金2000万円、登記面=大月市大月町花咲1872-1、代表市川勝俊氏)は、3月16日に甲府地裁より再生手続き開始決定を受けた。監督委員は柴山聡弁護士(甲府市中央1-8-6 今井ビル3階、丸山公夫法律事務所、電話055-235-1731)。債権届け出期間は4月21日までで、債権の一般調査期間は5月19日から5月26日まで。

当社は1980年(昭和55年)3月、都内に本社を置くゴルフ場開発運営会社のグループ企業として設立。中央高速道路の大月インターチェンジから車で3分の場所に位置する2001年9月オープンのゴルフ場「花咲カントリー倶楽部」(大月市大月町花咲、18H)の運営管理を手がけ、2004年12月期には年収入高6億7300万円をあげていた。

しかし、その後はプレイヤー数の減少や近隣コースとの価格競争などから減収・減益が続き、2016年12月期の年収入高は約5億円にダウン。債務超過に陥るなか、2016年に預託金償還期限を迎えたことを機に、3月10日に甲府地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けていた。

負債は債権者約450名に対し約70億4000万円。


「出典:帝国データバンク」