福岡観光開発株式会社


福岡観光開発(株)(資本金6100万円、高岡市福岡町花尾5、代表市山久一氏、従業員15名)は、1月13日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日監督命令を受けた。

申請代理人は増田薫則弁護士(東京都港区虎ノ門1-1-28、シティ法律事務所、電話03-3580-0123)ほか2名。

監督委員には岡正晶弁護士(東京都千代田区大手町1-7-2、梶谷綜合法律事務所、電話03-5542-1453)が選任されている。

当社は、1973年(昭和48年)12月にゴルフ場経営を目的として富山県の複数の企業が出資して設立、77年10月に開場した「花尾カントリークラブ」を運営していた。全27ホール(パー108、全長10,046ヤード)で約2000名の会員を有し、2002年12月期の年収入高は約6億9900万円を計上していた。

しかし、その後、ゴルフ人口の減少や価格競争の影響を受けるなど厳しい外部環境から2015年12月期は年収入高約2億6700万円まで落ち込み、営業段階での赤字計上を余儀なくされていた。このようななか複数の預託金返還訴訟が提起されたことで、預託金返還の目途が立たなくなったことから、自主再建を断念し、今回の措置となった。

負債は2016年9月末時点で約49億5900万円。

なお、「花尾カントリークラブ」は平常どおり営業を継続中。


「出典:帝国データバンク」