アイエス株式会社


アイエス(株)(資本金2億円、登記面=広島市南区東雲本町2-21-17、代表長原正明氏)は、12月7日に広島地裁より破産手続き開始決定を受けた。

破産管財人は今田健太郎弁護士(東広島市西条栄町10-27、弁護士法人あすか東広島事務所、電話082-493-7100)。

当社は、1975年(昭和50年)8月設立の総合デベロッパー。大型の宅地開発を主体に、マンションの建設や流通工業団地の開発、戸建販売を行っていた。安佐ニュータウン星が丘団地、高陽台団地などの開発を手がけ、96年3月期には年売上高約20億9500万円を計上していた。

しかし、バブル崩壊に伴う不動産業界の低迷により多額の不良資産を抱え、2006年3月期以降は売り上げのない状態が続き、財務内容は大幅な債務超過が続いていた。不動産取得に伴う多額の借入金が重荷となって厳しい資金繰りを余儀なくされるなか、2008年11月には広島市から社有不動産を差し押さえられるなど、対外的な信用が低下していた。

近時は広島市北西部に位置する西風新都のヒューマンライフパークの開発を計画していたが、資金不足により事業は中断されたままとなっていた。こうしたなか、今年6月に債権者より破産を申し立てられていた。

申し立て時点の負債は約465億9200万円で、金融債務が大半を占める。パナソニックプラズマディスプレイ(株)(負債5000億円、11月特別清算)に続いて今年2番目の大型倒産。


「出典:帝国データバンク」