株式会社日興


(株)日興(資本金2000万円、三方上中郡若狭町新道9-3、代表内藤圭介氏、従業員17名)は、12月1日に福井地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全命令、監督命令及び大阪地裁への移送決定を受けた。

申請代理人は八木宏弁護士(福井市順化1-24-43、九頭竜法律事務所、電話0776-22-0168)、前波裕司弁護士(福井市春山2-2-16、前波法律事務所、電話0776-27-4000)。監督委員は中森亘弁護士(大阪府大阪市中央区北浜1-8-16、北浜法律事務所・外国法共同事業、電話06-6202-1088)。

当社は、1975年(昭和50年)12月に設立。76年9月にオープンし、今年9月に死去した男子メジャー通算7勝のアーノルド・パーマー氏(アメリカ)が設計を手がけたゴルフ場「わかさカントリー倶楽部」を経営。「すいげつ湖コース」「すが湖コース」「ひゅうが湖コース」の全27ホール(うち9ホールは88年に増設)を有し、92年3月期には年収入高約12億4000万円を計上していた。

しかし、経営多角化の失敗から99年9月に福井地裁へ和議を申請(負債:預託金約103億円を含む約132億円)。その後、2001年に京都府の企業が当社を買収して事業を継続するなか、2005年5月に当社はゴルフ場「武生カントリークラブ」(福井県)を買収するなど業容を拡大。その後、2012年9月に「武生カントリークラブ」の権利義務を別会社へ継承し、当社は「わかさカントリー倶楽部」の経営のみとなっていた(その後、「武生カントリークラブ」の経営は更に別会社に移り、現在、当社とは関係がない)。

その後、ゴルフ人口の減少などから2016年3月期の年収入高は約3億3000万円にダウン。預託金返済の目処が立たず、今回の措置となった。

負債は預託金約89億4000万円(会員数8300名)を含む約95億円。

なお、わかさカントリー倶楽部の営業は継続中で、年内にスポンサー候補を募り、事業譲渡等を実行する予定。


「出典:帝国データバンク」