伊豆ゴルフ開発株式会社


伊豆ゴルフ開発(株)(資本金9000万円、江東区佐賀1-11-11、代表清算人有木賢操氏)は、9月1日に東京地裁より特別清算開始決定を受けた。

申請代理人は西村國彦弁護士(千代田区内幸町1-1-7、さくら共同法律事務所、電話03-5511-4400)ほか1名。

当社は、1984年(昭和59年)5月に設立。86年8月に開場した「伊豆ゴルフ倶楽部」(静岡県伊豆市)と、併設するホテル「モンベルテ」の経営を主体に展開。「伊豆ゴルフ倶楽部」は、95万平方メートルの用地に18ホールを有する会員制のゴルフ場で、コース内にデザート(砂漠)、ドライリバー、3メートルの深さのグラスバンカーなど様々なトラップが点在。米国ゴルフ雑誌などで世界の名コース・ベスト100や日本のベスト20コースに選ばれ、バブル期には法人を中心に会員数約900人を誇っていた。

97年3月期の年収入高は約8億3000万円を計上していたが、近年は同業者との競合で来場者が減少。販管費圧縮に努めていたが、回復のメドが立たず、2014年6月にゴルフ場及びホテルの営業権を伊豆ハイツゴルフクラブ&レジデンス(株)(登記面:東京都中央区)に譲渡。当社は2014年9月25日の株主総会の決議により解散していた。

負債は債権者約559名に対し預託金約30億円を含む約100億1200万円。負債規模は、吉田ゴルフ開発(株)(負債166億8700万円、8月、民事再生法、鹿児島県)に次いで、今年2番目となるゴルフ場の大型倒産となった。

なお、営業権を承継した伊豆ハイツゴルフクラブ&レジデンス(株)は、預託金を承継していないほか、ゴルフ場は「伊豆ハイツゴルフ倶楽部」として営業を継続している。


「出典:帝国データバンク」