吉田ゴルフ開発株式会社


吉田ゴルフ開発(株)(資本金6000万円、鹿児島市本城町366、代表押川雅幸氏)は、8月29日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた。

申請代理人は加々美博久弁護士(港区西新橋1-2-9、加々美法律事務所、電話03-3581-3901)ほか3名。監督委員は竹村葉子弁護士(新宿区新宿1-8-5、三宅・今井・池田法律事務所、電話03-3356-5251)。

当社は1989年(平成元年)6月に設立されたゴルフ場経営会社。95年3月にグランドオープンした「ゴールデンパームカントリークラブ」(18H、鹿児島県鹿児島市本城町)の経営を手がけ、2000年3月期には年収入高約7億円をあげていた。

しかし、その後は集客の伸び悩みと同業他社との競争などから資金繰りは徐々に悪化。預託金償還期間の延長を実施したものの、その後の収入は伸び悩み、2016年3月期の年収入高は約4億2500万円にダウン。債務超過に陥っていた。

負債は債権者約2094名に対し預託金約54億円を含む約166億8700万円。

なお、9月2日(金)午前10時から「鹿児島市民文化ホール」(鹿児島県鹿児島市与次郎2-3-1)で債権者説明会を開催する予定。ゴルフ場の営業は継続している。

負債規模は、消費者金融業の(株)栄光(負債209億円、8月破産、横浜市)に次いで今年3番目の大型倒産となる。


「出典:帝国データバンク」