株式会社ケイディ


(株)ケイディ(旧商号=共和ダイカスト(株)、資本金1600万円、登記面=千代田区大手町1-8-1、代表清算人今井康夫氏)は、4月12日に東京地裁より特別清算開始決定を受けた。申請代理人は綾克己弁護士(千代田区大手町1-8-1、ときわ法律事務所、電話03-3271-5140)。

当社は、1933年(昭和8年)創業、60年(昭和35年)6月に法人改組。トランスミッション部品やステアリング部品、足回り部品、エンジン回り部品などの自動車部品関係を中心に、アミューズメント機械部品、ガス器具部品、編み機部品などの製造を手がけていた。埼玉県内に深谷工場と寄居工場を有し、設計から金型製造、金属加工、部品組み立てまで一貫生産のラインを備え、自動車製造関連企業などを得意先として2008年5月期には年売上高約60億2400万円をあげていた。

しかし、リーマン・ショック以降は自動車関連の受注が大幅に減少し、2010年5月期の年売上高は約36億7500万円にダウン。その後も、東日本大震災や得意先の海外シフト、日中関係の悪化など自動車業界の動向が大きく変化するなかで業績は好転せず、設備投資や2013年11月から稼働したタイの関係会社設立に伴う金融債務などが重荷となっていた。

そうしたなか、中小企業再生支援協議会の支援下で再建を進めることとなり、スポンサー企業が決定したうえで、2015年6月に新共和ダイカスト(株)を設立。同年10月に吸収分割により当社の事業を同社に移管するとともに新共和ダイカスト(株)は共和ダイカスト(株)に、当社は(株)ケイディにそれぞれ商号変更し、本店事務所を埼玉県大里郡寄居町から現所に移転。今年2月18日開催の株主総会の決議で解散していた。

負債は約55億円の見込み。

なお、共和ダイカスト(株)は通常通り営業を行っている。


「出典:帝国データバンク」