株式会社ERSホールディングス


(株)ERSホールディングス(資本金6000万円、渋谷区東2-16-10、代表岡田幸一氏)は、12月8日に東京地裁へ自己破産を申請し、16日に破産手続き開始決定を受けた。

破産管財人は田中省二弁護士(中央区銀座6-9-7、銀座通り法律事務所、電話03-5568-7601)。債権届け出期間は2016年1月20日までで、財産状況報告集会期日は3月29日午前10時。

当社は、2006年(平成18年)7月に設立。省エネルギーの提案、施設の提供、維持・管理など包括的なサービスを行うESCO(Energy Service Company)事業を展開する事業者として、主に計測設備を導入して下水道水量を正確に計測することで下水道料金を削減するプランを推進。また、排水処理プラントの提供も手がけていた。大手ホテルチェーンやフィットネスクラブ、介護施設などの大型施設を得意先とし、2014年6月期には年売上高約15億3400万円を計上していた。

しかし、業容の拡大に伴う人員増加のコストや運転資金需要の増大で、収益は低減。従前から内部留保に乏しく、支出や設備投資を借り入れで賄う状況が続き、設備導入に伴うリース料負担なども重荷となっていた。加えて、近時は下水道の流量計センサーについて関係先とトラブルが発生し、同事業での収支が急速に悪化。事業継続が困難となり、今年10月29日までに事業を停止していた。

負債は債権者約209名に対し約31億円。


「出典:帝国データバンク」