株式会社ニューグリーンステイくじゅう


(株)ニューグリーンステイくじゅう(資本金1億8800万円、竹田市久住町白丹3866、代表飯田昌義氏、従業員19名)は、11月4日に大分地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた。

申請代理人は岩崎哲朗弁護士(大分市千代町2-1-23、弁護士法人アゴラ、電話097-537-1200)ほか8名。監督委員には松田健太郎弁護士(大分市中島西1-1-28、まつだ総合法律事務所、電話097-535-1515)が選任されている。

当社は1989年(平成元年)9月に滞在型リゾート施設の建設を目的として、地元自治体のほか、大手企業、地元企業などが出資する形で設立された。97年に開場した「久住高原ゴルフ倶楽部」(18ホール、7180ヤード)の経営のほか、オートキャンプ場(150区画)の運営・管理、温泉施設を備えたコテージ(85室)の賃貸なども手がけ、2001年3月期には年収入高約3億3300万円を計上していた。

しかし、景気低迷の影響によりゴルフ場稼働率が低下するなか、他のゴルフ場との競合からプレー単価も下落。慢性的な赤字経営を余儀なくされるなか、2005年には金融機関に対して借入金の返済リスケジュールを要請するほか、会員に対して預託金償還期限の延長を要請するなどで運転資金を確保してきた。その後も経営状態は好転せず、2013年3月期の年収入高は約1億9500万円にダウン。さらに、コテージの賃料について、運営委託先とのトラブルが浮上したほか、一旦、猶予を受けた預託金償還期限が迫り、自主再建を断念した。

負債は約63億円(うち預託金約40億4000万円)が見込まれる。

なお、ゴルフ場、オートキャンプ場、コテージの営業は継続中。


「出典:帝国データバンク」