ソマテック株式会社


既報、ソマテック(株)(資本金5000万円、黒川郡大和町テクノヒルズ2、代表清算人古田善彦氏)は、11月9日に仙台地裁へ特別清算を申請し、11月13日に特別清算開始決定を受けた。

当社は、2008年(平成20年)6月に、東証2部上場の化学品専門商社であるソマール(株)(東京都中央区)の100%出資連結子会社として設立。

高機能材料として新規のコーティング製品の開発や携帯端末向けなどの市場をターゲットに販売促進に取り組んでいたものの、当社製品が顧客から使用承認を得るまでには長い時間がかかり、当初見込んでいた販売計画からは大幅な遅れが生じていた。

ソマール(株)からの技術・営業面での人的支援や運転資金の貸付等の資金的支援を受けながらしのいでいたものの、ターゲットとする市場の製品品質への要求事項も、より高度化・多様化する一方、同業他社との競争も激化するなど、当社を取り巻く環境は急速に厳しさを増していた。その結果、製品の販売は一向に伸展が見られず、毎月1億円を超える赤字を計上するなど業績は悪化、2014年3月期の年売上高は約9200万円にとどまり、大幅な債務超過に陥っていた。

事業環境の厳しさや収益状況の改善に変化が見込めないことから、支援継続は困難と判断され、2014年11月28日のソマール(株)の取締役会で当社の解散および特別清算方針が決議され、同年12月31日の株主総会の決議で解散していた。その後、2015年7月31日付で本社工場を売却するなど清算業務に入り、今回の措置となった。

負債は約60億円が見込まれるが、今後変動する可能性がある。


「出典:帝国データバンク」