ヴィンテージリゾート株式会社


ヴィンテージリゾート(株)(資本金7500万円、北杜市須玉町江草3072、従業員10名)および、(株)ヴィンテージファーム(資本金500万円、同所)は、9月15日に甲府地裁より破産手続き開始決定を受けた。

破産管財人は田邊護弁護士(甲府市中央1-1-18、柳町法律事務所、電話055-233-7124)。第1回債権者集会は12月25日に開催予定。

ヴィンテージリゾート(株)は、2000年(平成12年)3月に設立されたゴルフ場経営業者。2000年10月に民事再生法の適用を申請した(株)ダイワヴィンテージ(北杜市)が運営するゴルフ場を継承する形で事業をスタート。『ヴィンテージゴルフ倶楽部』の屋号で営業してきた。同ゴルフ場は、加藤俊輔氏が設計した18ホールの適度なアップダウンがある丘陵コースを有しているほか、レストラン『ルヴェール』、酒菜処『茅ケ岳』、ワインセラー『エスカルゴ』などを運営し、2012年2月期には年収入高約6億円を計上していた。

しかし、天候不順やゴルフブームの衰退を要因として、収入高が減少。2015年2月期の年収入高は約4億3300万円までダウンしていた。また、野菜栽培加工を手がける関係会社(株)ヴィンテージファームは、先行投資が膨らむなか野菜加工場を建設。当社が、建設費用の連帯保証人となっていたが、建築資金約1億9000万円が長期にわたり未払状態となっていたため、建設業者から甲府地裁に第三者破産を申し立てられていた。

負債は2015年2月期末時点でヴィンテージリゾート(株)が約109億円(うち金融債務4000万円、大半が長期預り金)、(株)ヴィンテージファームが約4億円(うち金融債務2億5000万円)で、2社合計で約113億円であるが、今後変動する可能性がある。

なお、今後もゴルフ場の運営を続けて従業員を継続雇用する方針。


「出典:帝国データバンク」