協和産業株式会社


協和産業(株)(資本金2400万円、吹田市垂水町3-27-19、代表藤原隆氏、従業員36名)は、9月14日に事業を停止し、15日付で大阪地裁へ自己破産を申請した。

申請代理人は小寺史郎弁護士(大阪市北区中之島2-2-2、フェニックス法律事務所、電話06-4706-1550)ほか2名

当社は、1946年(昭和21年)12月設立の工業薬品・染料卸業者。化学工業分野向けのシリコンオイルやアクリルゾル、リン酸塩などの工業用薬品や、 電材用フィルム、包装用接着剤などを中心に、一部自動車シート用染料なども取り扱っていた。設立当初は京都に本社を構え、大阪、名古屋、和歌山、浜松など に営業所を設置。95年に現所に移転して以降も、大手企業を中心に国内メーカー約500社に営業基盤を確保していた。工業薬品や合成樹脂の受注が好調だっ た92年9月期には年売上高約66億8800万円を計上していた。

その後は、主要事業のひとつであった繊維事業向け染料の受注が低下したことで、2013年9月期の年売上高は約40億4900万円まで減少していたものの、既存得意先からの安定的な受注を確保したことで収益面は黒字を確保していた。

2014年9月期には、同期より新規取引先と開始した特殊フィルムの仲介取引によって、売上高は前期比40%増の約56億3600万円まで急回復を果た していた。一方で、この特殊フィルムの取引先である(株)イッコーズ(東京都大田区)は、不透明な取引の疑いを指摘されており、関係先の間で動向が注目さ れていた。こうしたなか、9月7日に(株)イッコーズが事業を停止。この取引に絡んで、10億円内外に及ぶ未回収金が発生したことから、当社の資金繰りも 急速に悪化。このため、金融機関や関係先などに資金調達に図ったものの、事業継続の見通しが立たなくなったことから今回の措置となった。

負債は、約35億円の見込み。


「出典:帝国データバンク」