池田鋼機株式会社


池田鋼機(株)(資本金3500万円、鶴岡市下清水字内田元74-6、代表清算人村上豊氏)は、7月15日に山形地裁鶴岡支部より特別清算開始決定を受けた。

当社は、1926年(大正15年)4月に創業、57年(昭和32年)5月に法人改組した鉄鋼・同加工品卸業者。建築用のH鋼、棒鋼、鋼管などを取り扱い、鉄工所や建設業者を得意先として、秋田県、新潟県などにも営業所を開設。近年のピークとなる1991年8月期には約127億8,200万円の年売上高を計上し、山形県内でもトップクラスの業容を誇っていた。

しかし、2008年8月期頃から、急速な景気の後退に伴って売り上げが急減。設備投資や赤字補填の必要もあって借入金が膨張し、収益面で劣勢が続き債務超過に陥っていた。

このようななか、借入過多で返済財源確保が困難な状況であったため、取引先や金融機関の支援のもとで第二会社方式での事業再生を決定。会社分割により2012年9月に設立された新会社に採算部門の事業を譲渡し、当社は2012年10月31日に株主総会の決議により解散していた。

負債は約35億円だが変動する可能性がある。

なお、新会社により事業は継続されている。


「出典:帝国データバンク」