株式会社アートヴィレッヂ


(株)アートヴィレッヂ(資本金5000万円、墨田区石原4-15-4、代表赤池輝子氏、従業員100名)は、4月22日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。

申請代理人は相葉和良弁護士(中央区銀座8-15-15、相葉総合法律事務所、電話03-3524-0678)。

当社は、1975年(昭和50年)4月の設立。製造から小売まで手がけるSPA事業を主力に、メンズ、レディースのヤングカジュアルウエアの小売および卸を手がけていた。サーフブランドの老舗「BODY GLOVE」「LOST」など、常時10種類程度のブランドを扱っていた。2001年に直営店を出店したのを皮切りに積極的に新規出店を進め、「Beach Sound」「natuRAL vintage」などの店舗名で全国に展開し、2009年2月期の年売上高は約99億1700万円を計上していた。

しかし、レディース事業の失敗により在庫が膨らみ、財務内容が悪化するなか、2011年3月に発生した東日本大震災の影響で一部店舗が被災。計画停電の影響などから売り上げが減少したことで資金繰りが悪化していた。その後は金融機関や取引先に支払い条件の変更を要請し、不採算店舗の閉鎖、人員整理、在庫の圧縮など再建計画に取り組んでいたが奏功せず、2014年2月期の年売上高は約41億5200万円にまで落ち込むなか、ここにきて民事再生法による再建を目指すこととなった。

負債は2014年2月期末時点で約39億8000万円だが、その後に変動している可能性がある。


「出典:帝国データバンク」