株式会社スカイウエイカントリー倶楽部


(株)スカイウェイカントリー倶楽部(資本金7500万円、成田市幡谷字桜谷津941-1、代表坂本巖氏、従業員48名)は、3月31日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。

申請代理人は樋口收弁護士(東京都港区赤坂2-11-7、敬和綜合法律事務所、電話03-3560-5051)ほか。監督委員は大貫裕仁弁護士(東京都港区赤坂1-12-32、西村あさひ法律事務所、電話03-5562-8500)。

当社は、1978年(昭和53年)6月に設立され、78年11月にオープンしたゴルフ場「スカイウェイカントリークラブ」(18ホール)の経営を行っていた。同ゴルフ場は丘陵・林間コースで、東関東自動車道の成田ICから約10キロと好立地で、92年3月期には年収入高約10億円を計上していた。

しかし、近隣のゴルフ場との集客競争は熾烈で、近年は入場者数が伸び悩み、収益も低調に推移。2014年3月期の年収入高は約4億3000万円に落ち込み、連続欠損計上を余儀なくされ、今回の措置となった。

負債は申請時点で約51億8000万円。

なお、3月31日付で(株)アコーディア・ゴルフ(東証1部)が、当社のゴルフ場事業の再生を支援するスポンサーに就任することについて、当社との間でスポンサー契約書を締結したことを発表。再生計画案の認可決定確定後に当社に出資等を行い、ゴルフ場事業を引き続き運営することを合意している。


「出典:帝国データバンク」