エスケイ株式会社


エスケイ(株)(資本金1000万円、広島市中区十日市町1-1-9、代表柴田修身氏)は、2月23日に広島地裁より破産手続き開始決定を受けていたことが判明した。

破産管財人は中井竜弁護士(広島市中区東白島町14-15、弁護士法人広島総合法律会計事務所、電話082-227-1100)。債権届け出期間は3月25日までで、財産状況報告集会期日は5月18日午前10時30分。

当社は、1949年(昭和24年)9月に土木工事を目的に設立。建築工事をはじめ各種工事許可を取得して、国土交通省、広島県をはじめとした官公庁関連の道路整備や庁舎建築のほか、マンション建築などの民間工事など、幅広い工事を受注して業容を拡大し、中堅の地場ゼネコンに成長していた。その後、不動産開発に着手し、工業団地の分譲なども手がけ、96年5月期には年売上高約117億6900万円を計上していた。

しかし、その後は不動産部門への投資が先行して借入金が重荷となり、財務内容が悪化していたため、2002年5月に会社分割により新会社へ不動産部門を移行して工事専業に転換していた。しかし、その後は公共投資の予算削減や民間設備投資の冷え込みなどで売り上げが減少するなか、2009年1月に章栄不動産(株)(広島市中区)が民事再生法の適用を申請(負債約292億円)したため、大口の不良債権が発生、同年5月期の年売上高は約56億2700万円、当期純損失約26億4300万円を計上し、財務内容は大幅な債務超過に陥った。このため、金融機関の支援を受けながら2009年5月に会社分割により工事部門を別会社へ移管した後、実質的な営業を停止して資産の売却による債務の圧縮を図っていた。

負債は、グループ会社の保証債務約60億円を含めて約75億円。


「出典:帝国データバンク」