東神奈川興産株式会社


東神奈川興産(株)(資本金5000万円、横浜市港北区新横浜2-3-19、登記面=横浜市神奈川区西神奈川1-9-5、代表清算人宮原一東氏)とグループ会社の(株)ワイ・シー(資本金500万円、同所、同代表清算人)の2社は、10月17日に横浜地裁より特別清算開始決定を受けた。

東神奈川興産(株)は、1970年(昭和45年)5月の設立。土木建設のコンサルティング業を幅広く展開し、道路の設計および測量、施工管理を主軸に橋梁や上下水道など社会基盤の整備に関わるコンサルティング事業を幅広く展開。また、調査・設計から施工管理、維持管理まで施工以外のすべての建設業務を手がけ、主力得意先である高速道路各社に加え、官公庁などに強固な顧客基盤を有し、2008年4月期の年売上高は約29億300万円を計上していた。

しかし、事業拡大のために行われたIT事業や不動産開発事業などの新規事業への進出が相次いで失敗、加えて長年の不採算事業や業務改善の遅れが過剰な借入債務を招いていた。経営のスリム化を図るため、役員の刷新や全国各地の事務所閉鎖を推し進めるとともに、基盤の再構築に着手していたものの、2013年4月期の年売上高は約24億円まで減少し、約35億4200万円の赤字を計上していた。

その後も自主再建の見通しが立たないために、抜本的なグループの再編を行うこととなり、2013年8月に主要取引先に対し事業再編スキーム(会社分割による新会社への事業移転、旧会社の清算)の骨子を提示。神奈川県中小企業再生支援協議会の下で金融機関が債権放棄に合意し、吸収分割方式により新会社が事業を承継、当社は2014年9月19日開催の株主総会の決議により解散していた。

(株)ワイ・シーは、2010年(平成22年)10月に東神奈川興産(株)のグループ会社として設立。土地・建物の賃貸、ならびに管理・運営を目的としていたが同社に連鎖する形となった。

負債は東神奈川興産(株)が債権者約10名に対し約33億円、(株)ワイ・シーが債権者約1名に対し約1億円で、2社合計約34億円が見込まれる。


「出典:帝国データバンク」